人気の旅行先ではなく不人気の旅行先を選ぶ

- 人気の旅行先ではなく不人気の旅行先を選ぶ

公園のベンチ

人気の旅行先ではなく不人気の旅行先を選ぶ

キャンプを行っている様子

旅行会社や航空会社では、人気の国内旅行先ランキングなどが発表されています。
どこに旅行に行こうか悩んだ時には、人気の旅行先ランキングは参考になります。
しかしよく考えてみて下さい。

航空券もホテルの宿泊費も定額ではなく、需要と供給によって料金が変動します。
つまり人気の旅行先を選べば、どうしても需要が高く航空券もホテルの宿泊費も割高になりがちです。
それなら不人気の国内旅行先を選べば、格安航空券やリーズナブルなホテルを探す事が出来るのではないでしょうか?

不人気の国内旅行先:大阪

某旅行サイトで、1年間のアクセス数がダントツで少ないページが存在しています。
アクセス数が少ない=旅行先として興味がないという事を意味していると言えますよね。
なんと1位は「大阪」です。

意外と思う人もいるかもしれません。
ですが関西の旅行先は、京都や奈良、神戸の方が人気があり、大阪は選ばれにくい傾向があるようです。
またグルメという点でも、大阪はたこ焼きやお好み焼きなどの粉ものが有名ですが、それだけが目当てにとはならないようです。

大阪弁や大阪人がガラが悪い、マナーが悪いという点もマイナスの評価の理由かもしれません。
でも逆に考えてみれば、伊丹空港や関西空港など、アクセスがいい上に、USJや通天閣、海遊館などの観光スポットもあります。
そして大阪は安くてうまいお店でなければ、大阪人が満足しないので、飲食店のレベルも高いと言えるでしょう。
つまり大阪は国内旅行先として不人気になっていますが、不人気だからこそお得に楽しむ事が出来る穴場の旅行先です。

不人気県が集客狙いの大サービスを始めている

大阪が不人気なのは意外な結果ですが、他には不人気な旅行先として茨城や鳥取、富山、佐賀など地味な県が選ばれています。
ですが今このような不人気県が集客狙いの大サービスを行っていて、非常にお得になっています。
例えば佐賀県は3年前からLCCが就航し、成田空港から片道5700円の格安航空券が発売されています。
さらに毎月7日に予約すると、限定販売となりますが片道737円と破格の航空券まで発売中です。

茨城では、宿泊費を最大で5000円分、県が助成してくれます。
まずは来てもらい魅力を知ってもらう事が重要だと、県や地元の企業が協力して観光に取り組んでいる動きがみられます。
なので人気の旅行先で定番の観光スポットを訪れるのではなく、不人気の旅行先でどうすれば楽しめるか考える方がずっとお得で楽しいと思いませんか?